寒河江の伝統野菜、子姫芋の魅力をお伝えします。

子姫芋と芋煮の関係

芋煮会のはじまり

元禄七年に長崎から荒砥に至る航路が新設されるまでは、現在の中山町長崎附近が最上川舟運の終点であった。
当時の最上川は、ずっと南の方を流れていたが、左沢方面から村山盆地に入り、流れが大きく左折するところ、ちょうど中山町中央公民館の西のあたりに舟着場があったという。
いまは、そこを左沢線が通っているが、大正の終りころまで、すぐそばに「鍋掛松」という老松があって、そこが船頭たちの休み場だったという言い伝えがのこっている。酒田から船で運ばれてきた塩や干魚などの物資はここで降ろされ、人足たちに背負われて、狐越街道を越え遠く西置賜地方へと運ばれて行ったのである。
ところで、なにもかも不便な当時のこととて、酒田船と人足間の連絡などうまくとれるはずがなく、船頭たちは舟に寝泊りしながら、何日も何日も待たなければならなかった。その退屈しのぎのーつとして発生したのが芋煮会である。
舟着場のすぐ近くには里芋の名産地である小塩という集落があるので、前々から予約しておいた里芋を買い求め、舟に積んで来た棒だらなどの干魚といっしょに煮て、飲み食いしながら待ち時間を過ごしたのであった。
その時、そばにあった松の技に縄をつるして芋子煮をしたので、この松が「鍋掛松」と呼ばれるようになったという。これが、中山町長崎地方に伝えられている芋煮会のはじまりである。
烏兎沼 宏之著「芋煮会のはじまり考」より引用

ここで出てくる「中山町小塩地区」、そしてその対岸である「寒河江市皿沼地区」で昔から作られていた里芋が「子姫芋」です。
芋煮がはじまった時から子姫芋があったかどうかは残念ながら不明ですが、もしかしたら最初の芋煮には子姫芋が使われていたのかもしれません。
また、良食味のため村山地方を中心に子姫芋の種芋が広がった事を考えると、おいしい芋煮の普及に子姫芋は一役買っていたと思われます。

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 寒河江市子姫芋組合 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.