寒河江の伝統野菜、子姫芋の魅力をお伝えします。

寒河江市子姫芋組合

  • HOME »
  • 寒河江市子姫芋組合

ご挨拶

「子姫芋」は江戸時代から続く伝統野菜である土垂系のさといもで、寒河江市皿沼地区を中心に市内で栽培されています。
「子姫芋」の栽培は、これまで個々の生産者が種芋を保存して行っていましたが、これからも「子姫芋」を守り、また生産技術の向上による所得向上を図るため、平成28年1月に「寒河江市子姫芋組合」(組合長:黒田祐一氏、会員12名)が設立されました。
今年は、まず、優良系統を選抜するため、組合が主体となって各団体にからご協力を頂き、5系統を一カ所で試作し、形質、食味、収量について調査を行いました。
また、「子姫芋」をPRするため、11月20日に寒河江市の友好姉妹都市である神奈川県寒川町で芋煮販売等を行いました。
今後も「子姫芋」が地域の宝として守り引き継がれていくよう、活動して参ります。

寒河江子姫芋組合
組合長 黒田 祐一
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 寒河江市子姫芋組合 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.